給食おばさんの野望と意思給食おばさんの野望と意思

「麦茶」のことを特別に感じている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や偏見みたいなのが、「弟子」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。
涼しい大安の深夜に読書を

涼しい大安の深夜に読書を

此の程、長編小説を読みとおすのは少なくなったが、昔に北方版水滸伝に魅了されていた。
過去に訳された水滸伝を読んだ時は、読みにくくて、はまらなかったが、水滸伝の北方版を読みふけったときは、心ひかれ、読むのが止まらなかった。
会社のなか休みや帰ってからの食事中、お風呂でも精読して、1日一冊ずつ読破していた。
登場キャラクターが人間味あふれていて、凛々しい登場人物がものすごくたくさんで、そこにわれを忘れるほどはまっていた。

余裕で叫ぶ家族とよく冷えたビール
少年は、今日は学校の給食当番だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食係たちと、給食を給食室へ取りにいった。
今日の主食は、ご飯じゃなくてパン。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったスープも。
少年は、最も重い瓶入り牛乳は、男子が運ばなければならない、と考えていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った38本の瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい牛乳を女の子には持たせたくなかったけれど、同じクラスでのアイドル・フーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、そのまま2人一緒に牛乳を持って行くことにした。

ぽかぽかした大安の午後はお菓子作り

一般事務で頑張っていた時の先輩は、社長令嬢で、まさにお金持ちだった。
小さくて活発でとにかく元気な、動物好きの先輩。
動物愛護団体など設立して、頑張ってキャンペーンを行っているようだった。
毛皮着ない、ベジタリアン、動物実験反対。
知り合ってすぐに、部屋に遊びに行ったことがあった。
高級住宅地にあるマンションの最上階で、国会議事堂が見えていた。
その先輩、可愛くてきれいなシャム猫と同棲していた。

騒がしく話す母さんと月夜
先日、明日香と麻衣子と旅行に行ってきました。
明日香と麻衣子は、私の学生時代の友人で、一緒に頑張ったクラスメイトです。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般と観光英語なので、旅行が趣味だという学生たちでいっぱいでした。
なかでも、麻衣子と明日香を含む気の合う6人で世界各国へ旅をした思い出は懐かしい。
私はもともとそれ程友人が多い方でもないし、それでそれで良いと思っています。
なので、素直にうれしかったけれど、隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのもツボでした。

雨が上がった仏滅の夜明けに散歩を

娘がマルモダンスをまねしている。
教えたわけではないけれど、3歳だけれど一生懸命踊っている。
映像でマルモダンスの音が聞こえると、録画映像を見ると主張して泣く。
録画したものを流すとエンドレスでずっと休むことなく見続けている。
母親からみて、映像を見てばかりより本を読んだり、おもちゃで遊んだりしているのが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも自分の為でもある。

ぽかぽかした土曜の早朝に読書を
友人が、自分の部屋のベランダで、ミニトマトを育てている。
実がなったら野菜サラダを作りたいそうだ。
実は、マメに水も肥料もあげないし、すぐそばで煙草をふかすので、トマトの生活環境はあまり良くはない。
丸一日何もあげなかったという時期の、その見てくれは、葉が垂れ下がっていて、まるでがっかりしている様子に似ている。
かわいそうになったので、水をたっぷりあたえると、あくる日の明け方のトマトは元気に復活していた。

湿気の多い大安の夜明けにひっそりと

私の仕事の関係で、日光へ行くことが頻繁にあった。
北関東にある日光市は栃木県にあって、内陸県で、多くの山々に囲まれている。
そのことから、寒い時期には雪が多く、除雪車やチェーンは必須である。
秋になると、東北自動車道を使って2泊3日で、帰って、また2泊3日というスタイルが多く、サイトなどの情報で日光の様子が紹介されると懐かしくなる。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見た方が良い所だ。
紹介させてもらうと、観光客のメインはやっぱり東照宮。
東京の基盤を作った家康の墓があるところで、中の様子に驚かされる。
その他、いろは坂を上りきったところにある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉らしく、白く、高温の湯。
この温泉に入ると冷えにも良いだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、このお湯を目標に多くの湯治客が集まったようだ。
様子が想像可能な歴史の深い所が日光。
民宿の紹介も一緒に情報誌などに紹介されているこちら日光市に、ぜひまた行ってみたいと考えている。

雨が降る金曜の晩はビールを
タイムイズマネーは、的確な格言で、ぼーっとしていると、見事にすぐ自由な時間が無くなる。
もーっと、素早く仕事も課題も終われば、これ以外の仕事に時を回せるのに。
掃除をしたり、ウォーキングしたり、料理をしたり、英会話テキストを手に取ったり。
とのことで、近頃はさらりと取り掛かろうと心がけているが、どれだけ達成できるのか。

天気の良い水曜の早朝に読書を

ここ何年か、小説を読まなくなった。
20代の頃は、かかさず読んでいたけれど、最近、仕事があるし、読む時間をとりにくい。
時間があっても、ゆっくりと小説をじっくり読むという心になかなかなれないので、読んでいてもおもしろく感じられない。
だけれど、すごくはまる小説に10年ぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きだから、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
それでも、次の世代の輝いている新人小説家がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学だからと無理やり分かりにくい単語を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

陽気に歌う家族と冷たい雨
少し前、TVで、マックチキンの味を味わえるレシピというふうに流していた。
大変似ていると考えて、妻にしてもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの味ではないけれどうまかったですね。
なんか衣が少し違ったのだけれど、中身は、チキンといえばチキンなんだから、自分くらいの味覚では、わずかの違いは何とも思わずすごくおいしかったです。

サイトメニュー


サイトメニュー


花花

Copyright (C) 2015 給食おばさんの野望と意思 All Rights Reserved.