奈良市 債務整理 弁護士 司法書士

奈良市在住の方が債務・借金の相談をするならどこがいいの?

お金や借金の悩み

借金の金額が増えすぎて返済が厳しい…。
借金を複数抱えているから、債務整理したい…。
もしそう考えているなら、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が探してくれる解決策で、督促がストップしたり、月々の返済金額が減ったり、というさまざまなメリットを受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所や法務事務所も沢山あります。
ここではその中で、奈良市にも対応している、オススメの所を厳選して紹介しています。
また、奈良市にある法律事務所や法務事務所も載せているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、一人だけで解決するのは難しいものです。
司法書士や弁護士の知識や知恵を借り、解決策を見つけましょう!

債務整理・借金の相談を奈良市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の借金返済解決の相談なら、この事務所がオススメです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の督促をストップするのも可能。
自己破産、個人再生、過払い金、任意整理、など、債務の問題について無料相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人でも安心です。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国対応の司法書士事務所なので奈良市の人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の奈良市周辺にある司法書士や弁護士の事務所の紹介

奈良市には他にもいくつかの弁護士・司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

地元奈良市の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

奈良市で借金返済に悩んでいる方

借金をしすぎて返済ができない、このような状態では不安でしょうがないでしょう。
いくつかのクレジットカード会社やキャッシング会社から借りて多重債務になってしまった。
毎月の返済では、利子を払うだけでやっと。
これじゃ借金をキレイにするのはかなり苦しいでしょう。
自分一人だけでは完済しようがないほどの借金を借りてしまったのなら、まずは法律事務所・法務事務所に相談しましょう。
弁護士・司法書士に、現在の借入金の状況を話して、良い方法を見つけてもらいましょう。
近ごろでは、相談無料で受け付けてくれる法務事務所や法律事務所もずいぶん出てきたので、解決のため一歩を踏み出し、門を叩いてみるのはいかがでしょう?

奈良市/任意整理のデメリットあれこれ|債務整理

借入れの返金ができなくなった時には出来る限り早急に措置しましょう。
放って置くとさらに利息は増していくし、かたがつくのは一段と困難になるだろうと予想されます。
借入の返済が出来なくなった時は債務整理がしばしばされますが、任意整理もまたよく選ばれる進め方の一つでしょう。
任意整理のときは、自己破産の様に大事な私財を無くす必要がなく、借入の減額が可能です。
又職業又は資格の限定もないのです。
メリットの沢山なやり方ともいえるのですが、逆に欠点もあるので、ハンデにおいてももう1度配慮していきましょう。
任意整理のデメリットとして、まず先に借入が全くなくなるというのでは無いということをきちんと理解しておきましょう。
減額をされた借入れはおよそ3年程度の間で全額返済を目途にするので、きっちりとした支払の計画を立てる必要があります。
あと、任意整理は裁判所を介さずに債権者と直接交渉を行う事が可能だが、法律の見聞が乏しい一般人じゃ上手く折衝がとてもじゃない不可能なときもあるでしょう。
さらにはデメリットとしては、任意整理した際はそれらのデータが信用情報に掲載される事になりますから、俗にいうブラック・リストというような状況になるでしょう。
その結果任意整理をした後は5年〜7年位の間は新しく借り入れをしたり、クレジットカードを新規に造る事はできないでしょう。

奈良市|自己破産のリスクとはどんなものか/債務整理

はっきり言って世間で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。マイホーム、高価な車、土地など高額のものは処分されるが、生活していく中で必要な物は処分されません。
また20万円以下の貯金は持っていてよいです。それと当面の数ケ月分の生活するために必要な費用百万未満ならば持っていかれる事は無いです。
官報に破産者の名簿として載るがこれも一定の方しか見ないものです。
又俗にいうブラックリストに記載されて7年間ほどキャッシングやローンが使用できない状況になりますが、これはしようがないことなのです。
あと決められた職に就職出来ないという事もあります。けれどもこれもごく少数の限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返済する事のできない借金を抱えこんでいるなら自己破産を進めるというのも1つの手です。自己破産を実行すればこれまでの借金が全てゼロになり、新たな人生をスタート出来るという事で長所の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や弁護士や公認会計士や司法書士等の資格は無くなります。私法上の資格制限として保証人、後見人、遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれないでしょう。けれどこれらのリスクは余り関係がない時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃない筈です。