給食おばさんの野望と意思給食おばさんの野望と意思

インタビューなどで、「おかゆ」について聞かれたとしたら、あなたはなんと返答する?「トニックウォーター」って、人それぞれで感じ方が全く違うなのかもしれない。
よく晴れた平日の早朝はゆっくりと

よく晴れた平日の早朝はゆっくりと

普段より、仕事や家の中の事に追われていて、そんなに空き時間がない。
ちょっとだけ空き時間が手に入っても、なぜか次の仕事のスケジュールなど、何かの期限が頭にある。
そんなときに、一日休みができると、とても喜んでしまう。
では、この少しだけ休日をどうやって費やそうかと。
結局毎回、あれも、これも、など願望のみが募り、すべては上手くいかない。
何をしていても私は行動が遅いので、あっと言う間に一日が経過。
時は金なり、なんて本当に明確だと感じる。

月が見える土曜の日没は食事を
ちかこの自宅のベランダで育てているミニトマトは、可哀想な運命なのかもしれない。
枯れる直前まで水分を与えなかったり、なんとなくリンゴジュースをプレゼントしたり、OJをプレゼントしてみたり。
酔っぱらった私たちに、ほろよいシリーズの酎ハイを与えられた時もある。
育ての親である友人は、今度好奇心でトマトジュースを与えてみたいらしい。
すでにミニトマトの心は完璧に関係ない。

ゆったりと叫ぶあなたと観光地

暑い季節はビールがたいそううまいけれど、最近少ししか飲まなくなった。
新入社員の頃は、どれだけでも飲めたのに、年とともに次の日に残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はとってもあこがれ、行くことがめっちゃ楽しみだったけれど、会社の関係であきるほど行って、俺のイメージの中では、今では、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関係でものすごく久しぶりにビアガーデンに行った。
大変久々においしかったのだけれども、テンションが上がってすごくビールを飲みすぎて、やっぱり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

雹が降った祝日の昼に目を閉じて
飲み会などのお酒のおともに、絶対体に良い物を!と考えている。
しばらくのおつまみはトマト。
それ以前はサンマ。
そして、最近は、鰻だけれど、高いのであきらめた。
そして、新しいレシピを考案した。
パック入りの80円くらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と塩コショウを少々ふりかけて味付た物。
かなり料金は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

天気の良い平日の日没に足を伸ばして

良いプレゼントを考えなくてはと考えている。
記念日が近くて、家内に良い贈り物したいのに、しかし非常に良い贈り物が考え付かない。
妻になんか手に入れたいものがあるのならばいいのだが、たいして、欲しがるものがないので、欲しい物が見当つかない。
ただ、秘密で欲しい物を考えてびっくりさせたい。

どんよりした月曜の午後にゆっくりと
友達とお昼に待ち合わせしていた。
福岡駅の待ち合わせスポットになっている大きなテレビ画面の前。
そこで、ちょっと待たせることになると電話がきた。
この駅はみんなの集合地点なので、待ち人も時間が来ると去っていく。
スマートフォンで曲を聴きつつ、その様子を眺めていた。
それでもくたびれてそばの喫茶店に入って、オレンジジュースを飲んでいた。
30分たって、同級生がごめん!と言いながらきてくれた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタが良いと言った。
色々探してみたけれど、いい店を探せなかった。

雲の無い水曜の午前に立ちっぱなしで

「間違いなくこうで決まっている!」と、自分自身の価値観だけで周りを裁くのは悪い事ではない。
だけど、世の中には、ジェンダーと言われるものが個人の周りに浮いている。
それを考えれば自信を手に入れるのはGOODだけど、きつく否定するのは不要かも?と考える。
当然、これも個人の考えでしかないんだけれど。
生きにくい世になる可能性のあるかもしれない。

陽気に走る君と濡れたTシャツ
「富士には月見草がよく似合う」と、名文を書いたのは文豪の太宰治だ。
太宰治は、バスに乗って、御坂を通り、現在の甲府市へ向かうところだった。
その時偶然にも一緒になったおばあさんが、「あら、月見草」と独り言を言う。
それに、振り向いた太宰の視界に入ったのが月見草、そして富士の大きな裾野だった。
富岳百景のこの部分は、名峰富士を知るに欠かせない。
多くの文芸に登場する、3776mの名山だ。
どの方面から見てもおんなじように綺麗な形をしているために、八面玲瓏と言うワードが似合っていると口にされる。
そうかもしれない。
私が好むのは中央高速道路から見る名峰富士だ。

気分良く吠える弟と冷たい雨

ネットでニュースをいつも眺めるけど、紙の媒体を読むのも前は好きだった。
今は、費用がかからないで閲覧できるネットニュースが多くあるから、新聞、雑誌はもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの量の情報を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすいことはある。
一般的な情報からつながりのある深いところまで見やすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカの債務不履行になるという話題がとても気になる。
デフォルトになるわけないと普通は思うけれど、もしそうなったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

息絶え絶えで話す姉ちゃんと季節はずれの雪
中洲の水商売のお姉さんを見ていると、すごいなーと思う。
というのは、磨き上げた見た目、会話の技術、努力を惜しまないところ。
お客さんに全て勘違いをさせないで、ビジネスだとちらつかせながら、太客になってもらう。
たまに、もしかしてコイツ、僕に惚れているのかな?と気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どんな職業よりも、難しそうだ。
一番は、私はナンバーワンのホステスの収入がとても知りたい。

サイトメニュー


サイトメニュー


花花

Copyright (C) 2015 給食おばさんの野望と意思 All Rights Reserved.