給食おばさんの野望と意思給食おばさんの野望と意思

あなたが思う「手作りカレー」と、多くの人が思っている「策略」は、もしかすると全然違っているのかも。そんなことを想像してみると、なんだか不思議じゃない?
風の無い大安の朝は焼酎を

風の無い大安の朝は焼酎を

雑誌を眺めていたり繁華街に行くと可愛いな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
個々の雰囲気は、本人の内面かもしれない。
結構大事だと思う。
私が注目しているのがアーティストの西野カナだ。
コンサートに行って初めてインタビュー受けている姿を見た。
可愛い!と考えずにいられない。
ふっくらした頬に、体つきも良い感じ、明るい色が凄く似合うイメージ。
話し方がおっとりしていて、方言もポイントがアップ。
歌は割と聞いていたけれど、話している姿を見てますます大好きになった。

熱中して吠える兄さんと僕
御盆だとしても里方から外れていたらとほとんど実感することがないが、少なくとも、仏壇へのお菓子くらいはと思い里方へ届けた。
里に暮らしていたら、香を持ち祖のお迎えに向かって、お盆やすみの幕引きに送りに行くのだが、離れて生きているので、そうすることもない。
ご近所の人は、線香を握って霊前に向かっている。
かような場面が視認できる。
常日頃よりお墓の近くには多くの車が路駐されていて、お参りの人も非常にたくさん目にとびこむ。

騒がしく大声を出す彼と月夜

油絵や写真といった芸術観賞が好きだし、デッサンも苦手ではないのに、写真が恐ろしく下手だ。
しかし、前は一丁前に、ペンタックスの一眼を持ってた時期もあって、どこに行くにも持ち歩いたりした。
笑えるほど焦点が合ってなかったり、変なアングルなので、一眼レフがガッカリしているようだった。
それでも、レンズや現像はやっぱり凄く面白いと思った!

陽気に跳ねるあなたと草原
田舎に住んでいたら、ネットショップでものが簡単に購入できるようになったのが、ものすごく簡単だ。
それは、まともな本屋が市内に2軒しかなくて、本の品ぞろえもひどいから、購入したいマンガも手に入らないからだ。
取り寄せるよりネットで購入するほうが手間がかからない。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分近くかかるからめっちゃめんどうだ。
ネットショップに慣れたら、他のものもインターネットで手に入れるようになった。
なんでもインターネットで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安価だし、型番商品は必ずネット購入だ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

陽気に踊る友人と冷たい雨

私は昔から、素肌がまったく丈夫でなく、ちょっとしたことでかぶれてしまう。
それに、ボディーシャワーの素肌に残ってしまうタイプがあまり好きじゃない。
でも、真冬は非常に乾燥しまくるので、なるべく余計な薬品が入っていないケア用品を使用する。
これらの商品の残念な点は、値段が非常に高く、なかなか買えないところ。

目を閉じて泳ぐ母さんとオレ
買い求めた仕立てるために必要な布で、幼稚園に通うひとり娘の袋を作成しなくてはならない。
それは、家内が縫うのだが、自分も縫い物が嫌いではないので、大変そうだったら手伝おうと考えている。
運ぶものを入れる何かが園に入園するためにはいる。
ミシンもいよいよ届いた。
使いごこちもみてみようと考えている。

凍えそうな日曜の晩に目を閉じて

暑い日に、小笠原諸島まで出張に行った。
日差しが非常に暑い!
綿の上着の上に、背広。
汗まみれになりすぎて、スーツの背広はメチャクチャに。
泊まり先にについて、上着を石鹸で洗った。
翌日そのジャケットはホワイトムスクのいい匂いがした。
上着が痛むのではないかと気になったけれど、何があっても洗わなきゃいけない思っていた。

喜んで踊る家族と夕焼け
ひえしょうにかかってからは、わずかにハードだけれど、結局寒い時期がフェイバリットだ。
家の空気が乾燥しているので、引き締まったような香り、それに加えて布団のぬくもり。
冬の日差しって恵まれている気持ちにしてくれるし、一眼を持って、夜の海も素敵。
この場合は、良いカメラもいいけれど、トイで思う存分シャッターに収めるのが本当に良い感じの写真が手に入る。

控え目に泳ぐ彼と穴のあいた靴下

エクセルシオールでもドトールでも、どこででも香り高いコーヒーを飲むことができる。
他にも、家でインスタントを入れてもいいし、自動販売機で買う

私が好きなのがスタバだ。
全て禁煙と言うのが、煙の無理な私にはありがたい。
なので、コーヒーの匂いを堪能できる。
値段も安くはないが、立派な豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないと思う。
甘いもの好きには入るたびにコーヒーと、ついついスイーツなど頼んでしまうという落とし穴もある。

凍えそうな仏滅の晩は想い出に浸る
日本には、たくさんの祭りがあるだろう。
実際に見たことはないのに、じゅうぶん知っているのは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
豪華な彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を観光した際に、写真や実際の大きさの物を見ることができた。
冬に開かれるので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
リアルタイムで見たい祭りの一個である。
もうすぐ行われるのは、箱崎のほうじょうえがあるが、すべての生き物の命を奪う事を制限する祭事。
江戸時代は、このお祭りの間、魚釣りも禁止されたとの事。
トラディショナルな祭りも大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同様に大好きだったりする。

サイトメニュー


サイトメニュー


花花

Copyright (C) 2015 給食おばさんの野望と意思 All Rights Reserved.